Archive for the 今日の出来事 Category

CD売り上げの現状

水曜日, 8月 8th, 2012 | Permalink

-ニュースより-

こんなに減った…ヒットチャートの現状

『売れないから作らない時代』

社団法人日本レコード協会によると、洋邦合わせた数字ですが、1999年には4,500億円、
2008年には2,500億円とCDアルバムの生産額がこの10年でほぼ半減しています。
アルバムを主な収入源にしていたレコード会社にとって、これは大きな打撃です。

ひとつに、時代による若年層のCD離れ、アルバム離れが大きいと思います。
彼らの生活の中心には携帯電話があり、その料金は彼らの支出のメイン。
不況のあおりも少なからず、影響はしているでしょうし、固くなった財布の紐をほどいて買う音楽は当然厳選されるでしょう。
デジタル配信ならば着うたやiTunes、1曲単位の購入が可能です。Youtubeなど、動画サイトを使えば繰り返しての視聴も可能。
アルバムを買わない時代もある意味、仕方がないのかもしれません。
一方でアーティストを支えたい、貢献したいというコアなファンはCDはもちろん、グッズにライブとフルサポートしています。
生産額が半減、売り上げが下がり、嗜好は細分化された今、“音楽チャート”の在り方はどうなっているのだろうか。

売り上げ自体、目に見えて下がっているのは確かです。
98年にはシングル、アルバム合わせて48枚のミリオンセラーが誕生しましたが、08年にはアルバム7枚、
09年にはアルバム4枚のみ、シングルに至っては07年以降、1枚も生まれていません。

こういった状況で、チャート上位に入るためのハードルが下がっていることは事実でしょう。
そうなるとメーカーとしてはこのチャートをマーケティングに使うはずです。
不況下、様々な業種で聞かれますが『選択と集中』という言葉がよく使われています。音楽に関しても同じく、
メーカーも以前のように新人からベテランまで、幅広くプロモーションするのではなく、期待度が高いアーティストに集中し、
また、テレビやラジオ、雑誌での露出をリリース付近に集中させ、チャートインを狙います。チャート上位に入れば、
必然とメディア露出も増えるわけですから、枚数が減り、ハードルが低くなった一方で、マーケティング価値は強まったといえます。

ただしマーケティング要素、宣伝色が強まってしまうことで、チャートの信頼性や価値が揺らいでしまう危険性もあります。

売る側にとっても買う側にとっても、音楽チャートの役割が変わりつつあるように感じます。
自分たちの宣伝で更なるユーザー離れを招いてしまうようなことがないよう、
各メーカーから良質な音楽がどんどん生まれてくるといいなと思います。

大阪のボーカルスクール

日本で活躍する韓国のアーティスト

火曜日, 8月 7th, 2012 | Permalink

-ニュースより-

SMタウンライブ東京公演 観客10万人動員

【ソウル聯合ニュース】韓国の大手芸能事務所、SMエンタテインメントの所属アーティストによる合同公演「SMタウンライブ」が日本で開催された。
公演は「SMTOWN LIVE WORLD TOUR III in TOKYO」と題し、東京ドームで4~5日に行われ、10万人の観客を動員した。
ステージでは、KANGTA、BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)ら出演アーティストが合計52曲を歌った。
特に、SUPER JUNIORのリョウク、ウニョクとEXO-MのCHENがバラード曲「Everything」を一緒に歌い、東方神起のチャンミンとSUPER JUNIORのキュヒョンが「Just the way you are」をデュエットするなど、コラボステージも反響を呼んだ。

現在、多くの韓国のアーティストが日本で活躍されていますが、その人気は今なお、凄いものですね。
日本のアーティストでも海外でも活動を行い、成功されている方がいたり、
韓国以外の海外のアーティストも日本でライブを行ったり、
音楽とは国境を越えて愛されるすばらしいものだと改めて感じました。

大阪のボーカルスクール

オリンピックと音楽の力

木曜日, 8月 2nd, 2012 | Permalink

ロンドンオリンピック、
各競技熱い試合が繰り広げられていますね!
4年間の努力の成果をぶつけあって
全力で頑張っている選手のみなさんを
こちらも全力で応援したいものです!!

さて、そんな世界を舞台に頑張っている
オリンピック選手のみなさんも
試合前には音楽を聴かれるそう・・・♪

 

-ニュースより-

◇ロンドン五輪競泳

五輪競泳の男子200メートルバタフライで2大会連続の銅メダルを獲得した松田丈志(28)は、Mr・Childrenの「つよがり」を聴いて試合に臨んでいる。

00年発売のアルバム「Q」に収録されたバラード曲。TOKYO FMの五輪開幕前の調査によると、松田はミスチルファンで「試合前は悲しい曲を聴き、悲しいところから上がっていく感じ」を原動力にしているという。

ほかの競泳陣も試合前の音楽が心の支えになっている。400メートル個人メドレーで銅メダルに輝いた萩野公介(17)は、いきものがかりの「心の花を咲かせよう」、100メートル背泳ぎで銅メダルの入江陵介(22)はEXILEの「I Wish For You」、北島康介(29)は米歌手クリス・ブラウン(23)の曲。体操の内村航平(23)も洋楽好きで、米歌手ジェニファー・ロペス(43)の「On The Floor」をテンションを高めるために試合中も聴いているという。

 

 

世界で活躍されている選手が自分の曲を聴いて
精神を高めている、とはどんな感覚なんでしょうか・・。
アーティストの方たちにとっては
凄く喜ばしいことですよね(^^)♪

 
改めて音楽の力って凄いなぁ・・と感じさせられます。

オリンピック選手の皆さん、
引き続きメダル獲得を目指して
頑張ってください!!!!
応援しています(^^)♪

大阪のボーカルスクール

小学生もオーディションを受ける時代なんですね

水曜日, 8月 1st, 2012 | Permalink

-ニュースより-
大阪城南女子短大と大阪市東住吉区が連携して上演する、
創作ミュージカルのオーディションが同短大で行われ、
区内の小学生キャスト12人が選ばれた。
同短大と東住吉区は、平成14年度に連携事業をスタート。
当初は講座が中心だったが、20年度からは学生が取り組んでいるミュージカルに、
区内にある市立今川小学校の児童が合唱やダンスで共演するようになった。
活動5年目に当たる今年度は、区内全14小学校の児童にも参加の機会を広げようと、
オーディションを開いて小学生キャストを選抜することにした。

 

bakkyには、基本20代前半の応募者が多いですが、
最近は、本当に小さな子供さんからのカラオケ大会やコンテスト出場希望の方が増えてます。
自分が学生のときなんて、オーディションを受けてみようとか、まったく思っても居なかったし、
友達にもまったくそういう人がいなかったので、小学生が当たり前にオーディションを受けるようになってきているのを、
時代がかわったなぁ、って思って、この記事を読んでいました。。

大阪のボーカルスクール

九州のカラオケ大会とBOSの予選でした。

火曜日, 7月 24th, 2012 | Permalink

おはようございますー!!
世間は夏休みですね☆

さて先週の休日は
土曜日・・・九州カラオケ大会・BASIC OF SONG
日曜日・・・大阪BASIC OF SONG
でした(^^)

さてBASIC OF SONG優勝者は
九州・・・松岡桂太君
BAKKYのブログ

大阪・・・上月悠平君
BAKKYのブログ

でした☆
ZeppNAMBA楽しみです。

さて夏休みといったら・・・
今年もやります。
この企画–!!

「小中高校生限定」カラオケ大会!!
優勝者にはお小遣い3万円とオリジナル楽曲プレゼント☆

予選大会は8月19日です。
詳しくはBAKKY HPにて確認ください。
学生限定カラオケ大会

締切が明日になっております。
お早めにご応募お願いします。♪

それでは本日も頑張りましょう!!

大阪のボーカルスクール